肋間神経痛。みぞおちが息苦しいのは心臓が原因?


肋間神経痛の症状でみぞおちが痛い

肋間神経痛の症状で「みぞおちが痛い」というのはめずらしくない・よくあるケースです。神経学的にいえば胸椎(脊椎の胸の部分)でなんらかの異常が起こっていることが主な原因とされます。理由としては肋骨まわりやみぞおちの神経は胸椎から分布しているからです。

胸椎からでる神経は背中から胸・胸の真ん中、みぞおちまで広く分布しています。したがって肋間神経痛ではこれらの部位が痛くなるのは当然のことなのです。

肋間神経痛の症状 息苦しい

肋間神経痛をうったえる方で「息苦しいんです」という人もいらっしゃいます。肋間神経痛と息苦しさはまったく関連がないように思えますがそんなことはありません。ちょっとおおげさな話かもしれませんが、人間はなにかしら痛み・苦痛がくわわると無意識にそれらを抑制しようという反応があります。

たとえば足首を捻挫してしまった場合、通常の歩く姿勢は困難です。しかし我慢すれば通常の姿勢で歩くこともできます。これは捻挫した部分に負荷をかけると「症状を悪化させるから。痛みが増強するから。」という理由で無意識に足首の負担を減らしているのです。

肋間神経痛と息苦しさも同じことです。人によっては普通に呼吸するだけでも痛みが出たり、増強することがあります。深呼吸などもってのほかです。そういった場合、痛みを出したくない・軽減したいがために無意識に呼吸を浅くしてしまうのです。

呼吸が浅くなれば肋間筋・肋骨の動きは少なくなるため当然痛みも抑制することができます。こういった理由なのでとくに心配する必要はないといえます。ただし、息苦しさすべてが肋間神経痛を抑えるものだというわけではないことは当然ですのであまりに息苦しさを感じるのであればすぐに病院へ行ってくださいね。

続きの記事はこちらです«

ひとつ前の記事はこちらです »

無料7日間メルマガ


このメルマガは、肋間神経痛の解消に効果的な、エッセンスの体操を、日を追って、ちゃんと理解して取り組むべき順番に一日ずつ配信しているメルマガです。この体操をやっていただくことにより、大幅に肋間神経痛が緩和するはずです。

読んでいただいた方の感想

はじめまして、大変お世話になっております。返信が遅くなり申し訳ありません。

経過を報告いたします、肋間神経痛で検索して、メルマガに登録しました。体操をやってみると、すぐに太いきりでえぐられるような痛みはなくなりました。

その後、色々な動画を観ました。メルマガを頂いてからは7つの体操を主に朝と寝る前に行っています。

その日の行動で痛みは変わりますが、確実に良くなっています。ありがとうございます。感謝申し上げます。


メルマガのために収録したビデオが7個お届けします。今すぐ無料で登録して、7日間よむと、身体が軽くなります。ぜひお楽しみください

注意!携帯の方(特にDocomo)は初期状態だとエラーになり、メールが届きません。

登録したあとに変更しても、メルマガが届かないので

かならず、登録する前に、fmseitai@gmail.com から、メールが届くように、携帯の設定を確認してから登録してください。

登録が無事完了すると、すぐに【0通目】のメールが届きます。1分以内に届かない場合は、エラーになっています。

その場合は、他のアドレスでお試しください。おすすめは、パソコンのメールアドレスで登録していただくと、読みやすいです。

ご登録はこちらを今すぐクリック さて、それでは、痛みのない世界で、また再会いたしましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ